運送RMニュース - バックナンバー

2019年2月号 健康起因事故防止のための取組

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)


 運転に影響を及ぼす睡眠障害として、突然強い眠気に襲われる「睡眠時無呼吸症候群」(以下、SASと略称します。)があります。SASを放置しておくと、走行中に居眠り運転に陥ったり、最悪の場合は意識を失うこともあり、重大事故につながります。そこで今回は、「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル~SAS対策の必要性と活用~」(平成27年8月25日 国土交通省自動車局)に基づいて、SASの特徴や対策について紹介します。

記事の作成・編集:MS&ADインターリスク総研 ※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研