介護RMニュース - バックナンバー

2017年 7月号 「薬用ハンドソープに殺菌効果はなし」のショック

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

■FDAトリクロサン販売禁止措置の理由

2016年9月2日、米食品医薬品局(FDA)がトリクロサンを含む19種類の殺菌剤を含有する石鹸などの販売を禁止すると発表しました。このFDAの措置を受けて、業界団体は厚生労働省に対して、1年以内に対象成分を含まない製品に切り替えることを報告しました。問題は、米食品医薬品局の販売禁止措置の理由です。FDAは「これらの殺菌剤を含む石鹸は、通常の石鹸と比べて優れた殺菌効果があるとはいえず、免疫系に悪影響を及ぼすおそれがある」として販売を禁止したのです。免疫系への悪影響は諸説あるところですが、もし薬用ハンドソープの殺菌力が通常石鹸と同じだとすると、介護や医療の現場では大問題になります。薬用ハンドソープの殺菌力を過信して、通常石鹸のような念入りな手洗いを怠れば、手洗いの衛生効果が低くなり、感染症対策に悪影響を与えるからです。では、トリクロサンなどのハンドソープの殺菌成分(※)は、どれくらいの殺菌力があるのでしょうか?

※薬用ハンドソープの殺菌成分は、そのほとんどがトリクロサンとイソプロフィルメチルフェノール

薬用ハンドソープの殺菌力を過信すると衛生効果が低下する

■トリクロサンの殺菌力は低い

下表のように、ハンドソープに含まれるトリクロサンなどの殺菌成分は、真菌やウイルスには殺菌効果が無く、エタノールなどの消毒剤に比べ著しく殺菌効果が劣ります。殺菌効果は通常の石鹸とほぼ変わりません。石鹸は界面活性剤ですから、手洗いによって手に付着した細菌やウイルスを、皮脂や汚れと共に洗い流して落とします。石鹸と同じ成分なのに消毒剤と勘違いして念入りな手洗いを怠れば、石鹸の機能も果たせなくなるのです。

                                           

 

       

■ 言葉や雰囲気に惑わされないために
 私たちの身の回りには清潔感をアピールする商品が氾濫しており、使われている言葉も多様です。製品の過剰な謳い文句に踊らされないように、語句の意味をしっかり理解しておきましょう。

       

■主要商品の殺菌成分と殺菌できる細菌やウイルス

どんな商品にどんな殺菌成分が含まれていて、どんな細菌や感染症の病原菌に効くのでしょう?並べて比較してみると良く分かります。たとえば、イソジン(ポピヨンヨード)で水虫の原因菌(白癬菌)は殺菌できますが、ビオレU(トリクロサン)では殺菌できないことが分かります。

 

                                                                                                                                                                                                          

 

 ※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

                                                                            

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • 保育・こどもねっと
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研