介護RMニュース - バックナンバー

2014年 12月号 看護師の求人広告が求人サイトで無断で使用された!
看護師の求人広告が求人サイトで無断で使用された!

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

運営者不明の広告サイトを利用する大手求人サイト

■登録してないサイトに自社の求人広告が載っている

 N訪問看護ステーションでは、ホームページとハローワークで看護師の求人を行っています。ある日、職員がインターネット検索サイトに事業所名を打ち込むと、検索一覧に「N訪問看護ステーション求人」という文字がありました。クリックしてみると「N訪問看護ステーションの求人ならナースF(大手求人サイト)」と表記があり、しかも「N訪問看護ステーションにナースFを通じて登録をした」と言う女性の写真まで載っています。同じ画面の「⇒N訪問看護ステーションの求人情報はこちら」という部分をクリックすると、ナースFの求職者登録画面にジャンプしました。
 職員がステーションの責任者に話すと、「うちではナースFに求人登録をしたことはない」と言います。法人で調査したところ、センターの名前を無断で使用している最初の画面は運営者不明のサイトであり、ナースFのサイトに閲覧者を誘導していることが分かりました。ナースFのサイトにはアフィリエイトプログラムという機能があり、誰でも広告サイトを立ち上げリンクを貼り閲覧者を誘導できるものだったのです。念のためにサイト運営者のサーバーを調べましたが、海外のサーバーを経由しているため不明でした。法人の人事担当者は「勝手に名前を使われるのは迷惑だが、ナースFに文句も言えず実害もないので仕方がない」と諦め顔です。

個人情報を取り扱う求人サイトでアフィリエイトの使用は問題

◆アフィリエイト広告とは?

 インターネット上の成功報酬型広告。インターネットで商品やサービスを提供する企業のサイトに対して、広告サイトを通じて閲覧者が企業の商品やサービスを購入した時、企業が広告サイトに成功報酬を支払う仕組みのこと。
 商品やサービスを提供する企業のサイトにアフィリエイトプログラム機能があれば、誰でも広告サイトを立ち上げリンクを貼り、成功報酬を得られます。報酬のために広告サイト立ち上げる運営者は無数に居るため、商品やサービスを提供する企業側で全ての広告サイトをチェックすることは難しいのが現状です。

◆このサイトを放置しておいても良いか?

 運営者不明の広告サイトは無断でN訪問看護ステーションの名前を使い、虚偽の記載によって不当な方法で大手求人サイトに閲覧者を誘導しています。大手求人サイトの側では意図的ではないとしても、不当な方法で求職者情報を取得する結果になっています。
 もし、N訪問看護ステーションを信用して大手求人サイトに誘導され、個人情報を登録することで、善意の看護師が不利益を被ったらどうなるでしょうか?また、無断で事業所名を使用されたことを知りながら放置したことで、看護師が不当に求人登録をさせられたとなれば、訪問看護ステーションや法人の社会的な信用が失墜します。では、運営者不明のサイトにどのように対応したら良いでしょうか?

◆どのように対抗したら良いか?

 N訪問看護ステーションでは、大手求人サイトに対して次の通り要求しました。

  1. 求人サイトのアフィリエイトプログラムの稼働を停止すること
  2. 当該不適切な虚偽広告の運営者に対して貴社からサイトの削除を求めること
  3. 当該不適切な虚偽広告への対価の支払いの有無を貴社から当法人に報告すること
  4. 当該不適切な虚偽広告の運営者を明らかにし当法人に謝罪させること

貴社の求人情報は無断でアフィリエイト広告に利用されていませんか?

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研