介護RMニュース - バックナンバー

2011年 4月号 被災地で奮闘する介護職員を支援していただけませんか!
被災地で奮闘する介護職員を支援していただけませんか!

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

この度の東日本大震災で被災されたみなさまには、心からお見舞い申し上げます。

被災地の介護職員に直接聞きました!
被災地で働く介護職員の仲間が困っています!

岩手県大槌町に、懇意にさせていただいている社会福祉法人T福祉会が運営する特養が2施設あります。今回の大震災では幸い施設も利用者も被害はでませんでした。しかし、町では多くの人が亡くなり多くの家屋が全壊し、自宅に居た介護職員や出勤中の介護職員の家族も被災しました。

2つの特養は災害発生直後には避難所となり、その後は在宅の要介護者を受け入れています。しかし、介護職員の不足や、介護職員用の物資の不足から大変な負担を強いられています。出勤中に自宅が全壊したため震災後施設で寝泊りし、着替えのユニフォームも無いまま仕事を続けている介護職員もいます。

そこで、私たちは横浜市内の特養に協力を得ながら着替えのジャージや流動食などの物資をこの特養に届けました。その際介護主任のTさんは、 「非常時には介護職員が足りず負担が極端に増えます。少ない人数で最低限のケアをしなければなりませんが、介護職員用の物資も足りません。」 と話していました。

介護職員を支援する活動にご協力いただけませんか?

あいおいニッセイ同和損保の地域AD倶楽部では、以下のような”被災地で奮闘する介護職員に必要な物資をお届けする声掛け運動”を実施しています。
主旨にご賛同いただける介護事業者の皆様は、こちらの申込書を事務局あてFAXいただければ幸いです。お申し込みいただいた施設には、事務局より具体的な説明をさせていただきます。

【物資支援の概要】

  1. お申込みいただいた施設には、事務局より支援先施設と支援いただきたい物品のリストをお知らせいたします。
  2. 支援物資は施設より支援先施設に直接宅急便で送付していただきます。
    (費用は全て施設のご負担となります)

【支援物資】(例)

  ○職員の替えユニフォーム(ジャージ、ポロシャツ、スニーカー)
  ○清拭用使い捨てタオル   ○浴衣   ○ハンドクリーム   ○バンドエイド
  ○腰痛ベルト   ○湯たんぽ   ○浴衣   ○高カロリーゼリー食と0歳児用離乳食 等

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • 保育・こどもねっと
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研