住産ニュース - バックナンバー

2015年 6月号 「大手住宅メーカーの'14年度決算にみる、'15年度の住宅業界」
大手住宅メーカーの'14年度決算にみる、'15年度の住宅業界

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

 大手住宅メーカー8社(※)の2014年度決算が出揃いました。今回は、この決算データから2014年度の動向を改めて振り返るとともに、2015年度の見通しについても解説します。
(※積水ハウス・大和ハウス・積水化学工業・ミサワホーム・パナホーム・住友林業・旭化成・三井ホーム)

'14年度は各社ともアパート好調だが、反動減の影響が長引き戸建苦戦

 まずは、大手各社の'14年度の販売・受注実績を見ていきましょう。この住産ニュースの読者の方は、「'14年度は苦戦した」という印象をお持ちの方が多いのではないのでしょうか?特に戸建請負をメインで行われている方は、その思いが強いのではないかと思います。大手8社においても苦戦が鮮明です。
'14年度の戸建販売戸数(棟数)は、8社すべて前年比でマイナスとなりました。積水ハウスが▲12.4%と
2ケタのマイナスとなり、その他の会社もほとんどが5~10%のマイナスです。'13年度に発生した消費税8%増税駆け込みの反動減が大きく影響していると考えられます。アパート販売戸数(棟数)は戸建と対照的に、住友林業を除く7社が前年比でプラスとなりました。相続税増税の影響により、首都圏・富裕層を中心に活発な動きが見られているためです。
 戸建・アパート合算での受注戸数(棟数)は、公表している7社(積水化学を除く)のうち5社がマイナス。主力である戸建において、個人消費の足踏みや消費税10%増税の延期などが影響し、反動減からの回復に時間が掛かっていることが要因と考えられます。前年比プラスとなったのは大和ハウス・旭化成の2社です。2社いずれも集合住宅の好調が大きな要因ですが、戸建においてもほぼ前年並みで健闘しています。特に大和ハウスは、分譲住宅においては前年比プラスです。反動減を想定した積極的な用地仕入が功を奏しています。

'15年度予測も戸建は大幅回復見込まず。収益向上のポイントは「多角化」

 今度は、各社の'15年度業績予想を見ていきましょう。販売戸数(棟数)・受注戸数(棟数)の予測を公表している5社(大和・ミサワ・パナ・住林・旭化成)のデータです。戸建販売戸数(棟数)は、5社のうち3社が、前年比▲5%前後のマイナス予測です。残る2社はプラス予測ですが、いずれも+1%程度と、ほぼ前年並みを見込んでいます。アパート販売戸数(棟数)は、公表5社のうち4社が前年比プラス予測です。特に住友林業・旭化成は+30%前後の大幅増を見込んでいます。
 戸建・アパート合算での受注戸数(棟数)は、公表5社のうち1社は前年並み、残る4社が前年比プラス予測です。ただし、プラス幅は各社とも+3~9%台にとどまっています。また、アパートの好調をプラス要因に織り込んでいる会社が多く、戸建に関しては前年割れの予測を出す会社もあります。
 以上の予測から、大手各社は、戸建の大きな受注回復を見込んでいないことが伺えます。各社の予測が保守的であるとも言えますが、それ以上に、戸建の受注低迷の長期化が大きく影響しています。ここ最近の大手各社の受注状況を見ても、前年比ではプラスであるものの、駆け込み前の水準には戻っていません。省エネ住宅ポイントやフラット35S優遇拡大などの支援策も、まだ一般消費者の認知度が低く、受注回復の後押しにはなっていないようです。このことから、戸建の急速な受注回復は見込みづらいと考えられ、各社の受注予測にも反映されているようです。
 一方、各社の収益見込みを見ると、売上高では8社のうち7社がプラス、営業利益も8社のうち5社がプラスを見込んでいます。増収増益のポイントは「事業の多角化」です。アパート・リフォーム・マンションなど戸建以外の住宅事業や、住宅以外の事業に多角化を進める会社ほど、強気の予想が見られます。近年は大手メーカーだけでなく地域ビルダーなどにおいても「多角化」の動きが見られ、'15年度も引き続き重要なテーマとなりそうです。

戸建も集客回復の兆しあり、お客様をとらえるための積極的な仕掛けが必須

 今年度、まだ勢いに弱さはありますが、戸建においてもチャンスが無いわけではありません。受注の先行指標である集客が、ゴールデンウィーク前後から回復しつつあるという話が、複数の地域・会社から聞こえます。記名・アポなどの状況も良く、中身の濃いお客様が集客できていると言えそうです。動きつつあるお客様を確実に捉えるためには、積極的な来場仕掛けで、住宅を考え始めたばかりのお客様の目に留まる工夫が必要です。また、来場いただいたお客様の見込み客化を促すためには、省エネ住宅ポイントなどの支援策や、住宅ローンの超低金利など「いま建てる」メリットを十分に伝え、早期決断を促す工夫が必要となるでしょう。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研