業種別News

フード&アグリニュース

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

  

熊本県にある日本一の”卵”直売店

熊本県北部の過疎が進む農村地帯に、早朝から車や観光バスが押し寄せる日本一の卵の直売所、養鶏企業コッコファームの直売店「たまご庵」があります。

「たまご庵」では卵の販売の他に、鶏肉や卵を使った卵サンドイッチ、オムライス、厚焼き卵、スイーツ等さまざまな加工食品を販売し、まさに“卵尽くしの農業ビジネス” で施設年商10億円、年間100万人以上のお客様を集め続けています。

会長の言葉【お客様の要望には対応しないがお客様の願望は満たす!】

大人気「たまご庵」の中でも圧倒的な人気を誇る商品は、1箱1,200円、1日1,500箱以上の販売実績があるダンボールに入った「生卵3kg」です。今でこそ大ヒット商品ですが、販売を開始した20年以上前は社内でも「卵が割れる」「絶対に売れない」と猛反対でした。当時はバブル期のなごりもあり過剰包装が主流で、「たまご庵」でも高級感を重んじて幾重にも卵を包む販売手法を取っていました。また、当時もM玉、L玉といったサイズごとに、6個入り、10個入りなど様々な商品を品揃えをすることで、お客様が自分たちの好みで購入したいというニーズに対応できると考えていました。しかし、直売店の売上は伸び悩み「お客様は何を望んでいるのか?何を提供すればお客様のニーズに応えることができるのか?」を考え抜き、「サイズや規格は無視して朝とれた卵を段ボールに入れて売ってみてはどうだろう。お客様は見かけではなく生産者から直接買うことを求めているのではないか!」という結論を導きだし、箱入り卵の販売を決断しました。するとこれが、お客様の真のニーズである『生産者から新鮮で安全な卵を買う』というニーズにマッチして、ファンが増えて売上は伸びていきました。 

日本一に成長したポイントとは

コッコファームの直売店「たまご庵」が日本一にまで成長したポイントは“表面的なお客様の声(ニーズ)を実現する”という事ではなく、『本当にお客様が望んでいる真のニーズを捉えることにフォーカスし続け、その真のニーズを満たすものを常に提供していった』ことです。一般的にはお客様の声(ニーズ)に応えることが大切だと言われていますが、ただお客様から言われるがままに商品を仕入れたり、サービスを改善するのではなく、「なぜ、お客様からそのような声がでるのか」を考えることがとても大切です。お客様の声の奥に潜む願望を捉えて、その願望に応えていただければと思います。 

資料作成: ㈱船井総合研究所
※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。


【最近5件のニュース】

≫ さらに過去のニュースを見る

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研