労務リスクニュース - バックナンバー

2018年1月号 変形労働時間制のまとめ

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

<ある会社の事例>

  変形労働時間制を導入しようと思っていますが、変形労働時間制とはどのような制度で、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

 週あたりの平均労働時間が原則40時間の枠内に収まっていれば、1日8時間・週40時間の法定労働時間の規制を解除することを認める制度です。ただし、各制度により必要な手続きや要件が異なります。

 最近「働き方改革」の一環で、フレックスタイム制の導入を検討される会社が増えてきました。今回は、フレックスタイム制をはじめとした「変形労働時間制」についてご紹介いたします。
 労働基準法では“1週40時間、1日8時間”という法定労働時間がありますが、変形労働時間制は、一定の単位期間について、週あたりの平均労働時間が原則40時間の枠内に収まっていれば、法定労働時間の規制を解除することを認める制度です。

  変形労働時間制は、業務の繁閑に応じて労働時間の適切な配分を行うことで長時間労働の削減が期待できますが、適切な運用ができないと労働者の負担が増えてしまう場合もあります。また、変形労働時間制を導入した場合、シフトの組み方や給与計算は、通常の労働者よりも管理が複雑になります。それぞれの変形労働時間制の運用については、より詳細なルールがありますので、厚生労働省等のホームページ等でご確認ください。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

資料作成:社会保険労務士法人アーク&パートナーズ
※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研