労務リスクニュース - バックナンバー

2021年5月号 フリーランスの「労働者性」の判断基準について
 

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

<ある会社の事例>

フリーランスへの業務委託契約を検討していますが、留意点はありますか。

  

独占禁止法・下請法・労働関係法令の適用関係を押さえ、実際の働き方が「雇用」(労働者)であるとみなされないよう注意する必要があります。独占禁止法・下請法で定める発注者の遵守事項もガイドラインを参照し留意する必要があるでしょう。



資料作成:社会保険労務士法人アーク&パートナーズ
※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • 保育・こどもねっと
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研