労務リスクニュース - バックナンバー

2012年 2月号 面接で聞いてはいけないこと、言ってはいけないこと
面接で聞いてはいけないこと、言ってはいけないこと

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

大変厳しい雇用情勢が続いております。今年こそは少しでも有効求人倍率が改善されることを祈るばかりです。とはいえ、企業は常に人材を求め続けていることも事実です。今回は、東京都労働局が発行している「採用と人権」を参考にして、雇い入れ時の注意点、特にこの欄では面接時に聞いてはいけないことをまとめてみました。実際の例は後述しますが、ポイントは就職差別につながるような質問は避けるということです。
また、添付資料では、入社前の健康診断、入社時の健康診断、身元保証書の提出について書いております。

面接時の注意点(聞いてはいけないこと)

就職差別につながる質問
(1)本籍に関すること
  • あなたの本籍はどこですか。
  • あなたの自宅は、~町のどのあたりですか。
  • 生まれてからずっと現住所に住んでいるのですか。
  • あなたの住所の略図を書いてください。

本籍を聞くことは差別につながる恐れがありまた現住所付近のことは入社してから聞くべきだとしています。

(2)家族の状況に関すること
  • あなたのお父さんの職業は何ですか。勤務先、役職は。
  • あなたの兄弟(姉妹)は何をしていますか。
  • あなたの家の家業は何ですか。
  • あなたの両親の学歴を教えてください。
  • お父さん(お母さん)の死因は何ですか。

これらの質問は、応募者本人の適性と能力には全く関係のない、しかも、本人の責任ではないこと(家族の職 業、学歴など)で採否を判断しようとするものであり、応募者本人の責任ではないことで責任をとらせようと する基本的人権を尊重しない考え方であるとしています。

(3)家庭環境に関すること
  • あなたの家は、持家ですか。借家ですか。
  • あなたは、自分の部屋を持っていますか。
  • あなたの家は、山林、田畑がどれ位ありますか。
  • あなたの学費は、誰が出しているのですか。

資産の有無を聞くことは、入社した後で、企業に何らかの損害を与えたときに弁償する能力があるかどうかを その家庭の生活程度などで判断しようとして調べるもので、応募者本人の適正と能力とは全く関係ないことで 「人」を排除しようとする差別的意図の表れとしています。

(4)思想、信教などに関すること
  • あなたに、支持する政党がありますか。
  • 労働組合運動(学生運動)をどう思いますか。
  • あなたの家の宗教は、何ですか。
  • あなたの愛読書(誌)、愛読している新聞、購読紙は何ですか。
  • あなたの人生観は。
  • あなたの尊敬する人物は。

これらの質問は、日本国憲法で保証されている個人の自由権を侵すことになるとしています。


オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

詳細な資料のダウンロードはこちらから(PDF)

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研