ビジネスNews

労務リスクニュース

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

<ある会社の事例>

 

「働き方改革」の一環として社員の副業や兼業を認める企業が増えてきているようです。会社として副業・兼業を許可する場合、どんなことに気をつけたらよいでしょうか。

 

副業・兼業が自社での業務に支障をもたらすことになったり、長時間労働や情報漏えいなどの問題が起きないよう対応を考えることが必要です。

 

 昨年、政府は働き方改革のひとつである「柔軟な働き方」を目指して、労働者の副業や兼業を後押しするためのガイドライン案を有識者会議に示しました。今まで厚生労働省の示す「モデル就業規則」の中で原則禁止としていた副業について、事前に届け出を行うことを前提に勤務時間外での副業ができるという方針に変わります。
 副業・兼業は、禁止している企業が多いのが現状です。社員の副業・兼業を認めることでどのようなメリット・デメリットがあり、またどのようなことに注意すべきかをまとめます。

                           

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

資料作成:社会保険労務士法人アーク&パートナーズ
※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。


【最近5件のニュース】

≫ さらに過去のニュースを見る

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研