海外ニュース - バックナンバー

2014年 8月号 中国における消費者保護環境の現状
中国における消費者保護環境の現状

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

 昨今では中国においても消費者の権利意識の向上と共に、消費者保護を目的とした法改正も進められています。今回は中国における法制度の改正内容や、消費者に対する現地法人の留意すべきポイントを取り上げます。

法改正の動向

 中国製造物製品品質法や消費者権利保護法では、事業者に対して「三包責任」が定められており、消費者は事業者に対して、商品に欠陥がある場合、「修理・交換・返品」を求めることが出来るとされています。
 また2012年に開催された中国共産党第18回全国代表大会においても「消費者の権益保護」が取り上げられたり、権利侵害責任法が2010年7月1日に、また今般20年ぶりに改正された消費者権利保護法が2014年3月15日に施行されるなど、消費者保護に関連する法令が整備されています。消費者権利保護法の主な改正内容は以下の通りです。

1.品質保証責任の拡大
 いわゆる三包責任の保証責任は特定の製品(自動車、テレビ等)を対象としている(一部商品
 修理交換返品責任規定[部分商品修理交換退貨責任規定])が、対象を製品一般に拡大。

2.懲罰的損害賠償の拡大または明確化
 現行法では、詐欺行為に対して実際の損失の他に代金と同額の賠償を請求できることを認めてい
 るが、改正法では懲罰賠償をさらに強化し、実際の損失の他に代金の3倍の額が賠償請求可能。

3.リコール等義務の一般化
 リコールについては、特定の製品について個別の法律で定められているが、同法では、身体・
 財産への危険を発見した場合、直ちに販売停止・リコール等の措置を採る義務が定められた。

4.個人情報の保護
 消費者が個人情報の保護を受ける権利を有することを一般的・抽象的に規定した上で、
 その収集、使用に関して具体的な義務を規定した。

消費者の動向

 中国では全国各地の消費者協会を取りまとめる中国消費者協会によって、1年間に各地の消費者協会に持ち込まれた相談件数や受理件数、解決件数などを毎年公表しており、2013年の受理件数は約70万件となっています。
 中国における消費者協会は消費者への情報提供だけでなく、消費者の和解手続きや訴訟のサポート、更にはマスコミを通じた消費者の権益損害行為の開示など、消費者の立場に立った活動を積極的に行っており、企業は同協会の動きを適時把握しておくことが重要です。

イメージ01
↑クリックして画像を拡大↑

現地法人のとるべき対策

*品質管理体制の確立、三包への対応を含むリコール管理体制の構築

現在構築している品質管理体制に加えて、中国独自の「三包」への対応態勢を構築する必要があります。問題製品が市場に出ている場合のリコール実施や広報対応など、中国において実施する前提で、現地法人が主体的に対応できるような体制を構築しておくことが求められます。

*製品品質問題に関する市場調査

州、連邦の雇用関連法を確認し、自社にとって合理的な雇用契約に基づく処遇(benefit)を決定し、適切に実施することが重要です。これは、万が一のときの雇用上の紛争や訴訟を回避する為にも有効となります。

あいおいニッセイ同和損保では、以下のメニューをご提供中です。
◇既存製品、新製品等の取扱説明書を簡易チェック!「取扱説明書診断サービスplus」
◇企業の国内外PLリスク対策の構築・強化を支援する総合コンサルティングサービス「PL Master」
本サービスに関するお問合せは、あいおいニッセイ同和損保の社員・代理店までお願いします。

Globalsign SSL Site Seal 当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、グローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。スマートシールのクリックにより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。
TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研