自動車RMニュース - バックナンバー

2017年4月号 二輪ライダーを軽く考えていませんか?

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

二輪車は四輪車に比べて車体が小さいため死角に入りやすいうえに、スピードも予想以上に速いなど、四輪車のドライバーにとって注意しなければならない面がいくつもありますが、その一方で二輪車を軽く見ているドライバーも少なくありません。それが事故につながっているケースもあります。そこで、二輪車の特性と事故防止のポイントについてみていくことにします。

二輪車の特性と事故パターン

  • 二輪車は対向車直進車の死角に隠れてしまうため、右 折時、対向車に道を譲られ、右折すると死角から出てきた二輪車と衝突する危険があります。
  • 二輪車は車体が小さなことから、実際よりもスピードを遅く、距離を遠くに感じることがあります。そのため、交差点の右折時、対向二輪車を見て、「先に右折できる」と考えると、思った以上に早く衝突する危険があります。
  • 交差点の左折時、ミラーの死角に入り二輪車を見落とし、二輪車を巻き込んでしまうことがあります。
  • 渋滞時、十分な安全確認をせずに車線変更をすると
    側方を通過してきた二輪車と衝突する危険があります。
    駐車車両の右側方を走行してくることがあるので、安全確認をせずにドアを開けると、後方から走行してきた二輪車がドアに衝突する危険があります。

あいおいニッセイ同和損保からのアドバイス

  • 対向車に道を譲られて右折するときは、一気に右折せず、対向車の死角部分が見える位置までゆっくり進み、死角部分の安全を確認してから右折しましょう。
  • 右折時、対向二輪車が接近しているときは、二輪車のスピードを軽視せず、通過を待ってから右折しましょう。
  • 左折するときや、進路変更するときはミラーだけでなく、必ず目視で後方の安全を確認しましょう。
  • 路肩に駐車し、ドアを開けるときは同乗者にも後方を確認してからドアを開けるように声かけをしましょう。
【ご参考】弊社のご支援メニュー
◆自動車事故防止
1.安全運転セミナー(基本的な運転動作) 2.ペーパー式適性検査(KM式・DOCCS・安全セルフ診断) 3.PCによる社員安全運転教育(e-ラーニング)・適性診断(e-診断) 4.自動車事故防止のビデオ・DVDの視聴 5.タブレット端末を活用した危険予測訓練ツール(セーフティトレーナー)
◆ニュース・チラシの提供
1.安全運転のポイント(毎月定例発行の具体的なニュース)
※各種支援メニューの詳細については、お近くの弊社代理店・扱者、または営業店までお問合わせ下さい。
※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研