自動車RMニュース - バックナンバー

2015年 6月号 危険な違反行為を繰り返す自転車運転者には講習を義務づけ!!
危険な違反行為を繰り返す自転車運転者には講習を義務づけ!!

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

一時不停止や酒酔い運転などの 危険な違反行為(以下、危険行為という)を繰り返す自転車運転者(14歳以上が対象)に対して、講習の受講を義務づけた「自転車運転者講習制度」が平成27年6月1日に施行されました。
そこで今回は、「自転車運転者講習制度」の概要を紹介しましょう。

自転車運転者講習の対象となる危険行為

自転車運転者講習の対象となる危険行為は、下記の14項目です。(道路交通法施行令第41条の3)

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  4. 通行区分違反
    ※自転車は車道の左側通行が原則であり、右側通行は逆走となり違反行為です。
  5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
    ※自転車は路側帯を通行できますが(二本の白い実線標示のある路側帯や著しく歩行者通行の妨げになる場合を除く)、歩行者の通行を妨害しないような速度と方法で進行する必要があります。
  6. 遮断踏切立入り
  7. 交差点安全進行義務違反等
  8. 交差点優先車妨害等
  9. 環状交差点安全進行義務違反等
  10. 指定場所一時不停止等
    ※「止まれ」などの道路標識や標示で一時停止が義務づけられている場所では、必ず一時停止して安全確認をする必要があります。
  11. 歩道通行時の通行方法違反
    ※道路標識等により歩道を通行できる場合でも、自転車は歩道の中央から車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げるときは一時停止する必要があります。
  12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
    ※ブレーキは前車輪と後車輪の両方に備え付けておかなければなりません。
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反
    ※視野を妨げたり安定を失うような傘さし運転や、携帯電話で通話したりメールをしながらの運転、イヤホーン等を使用して周囲の音が聞こえない状態での運転などは危険な行為であり、禁止されています。

3年以内に2回以上危険行為を反復すると講習受講!!


※講習時間は3時間,講習手数料は5,700円

危険行為を3年以内に2回以上行うと、公安委員会から自転車運転者講習の受講命令が出されます。この講習命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。

【ご参考】弊社のご支援メニュー
◆自動車事故防止
1.安全運転セミナー(基本的な運転動作) 2.ペーパー式適性検査(KM式・DOCCS) 3.PCによる社員安全運転教育(eラーニング)・適性診断(e-診断) 4.自動車事故防止のビデオ・DVDの視聴 5.タブレット端末を活用した危険予測訓練ツール(セイフティトレーナー)
◆ニュース・チラシの提供
1.安全運転のポイント(毎月定例発行の具体的なニュース)

※各種支援メニューの詳細については、営業課支社・営業担当者までお問合わせください。

※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • 保育・こどもねっと
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研