自動車RMニュース - バックナンバー

2013年 12月号 安全運転で笑顔の新年を迎えましょう
安全運転で笑顔の新年を迎えましょう

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

慌ただしかった1年もゴールは目の前。もう少しで年末・年始の休日がやってきます。この時期は誰もが慌ただしい気持ちとなることに加え、マイカーの帰省で交通量が増えたり、運転に不慣れなドライバーが多くなるなどいつも以上に危険が多くなります。そこで、年末・年始の安全運転のポイントをみていくことにします。

年末・年始に潜む危険

イメージ01
  • 帰省で長距離運転をするとき、過労運転となり危険の発見が遅れることがあります。
  • 高速道路を走行中に、燃料切れなどの車両トラブルで停車すると、後続車に追突される危険があります。また、不用意に車外に出ると後続車にはねられる危険もあります。
  • 年末・年始は飲酒の機会が多いことから、二日酔いで運転するおそれがあります。
  • 年末はみんな先を急いでいます。急な割り込みや強引な右折など乱暴な運転をする車が増えるおそれがあります。
  • 買い物などで路上駐車が多くなり、これらの車両の間から歩行者や自転車が飛び出してくるおそれがあります。
あいおいニッセイ同和損保からのアドバイス

イメージ02

  • 早めの出発を心がけ、割り込まれても道を譲る気持ちのゆとりを持ちましょう。
  • 長距離運転をする場合は、あらかじめ休憩場所などを決めておきましょう。また、高速道路を利用するときは、出発前に、車両の点検や燃料チェックを確実に行いましょう。
  • 二日酔いでも酒気が残っていれば飲酒運転となります。お酒を飲んだときはもちろんのこと、二日酔いのときも車の運転は絶対にやめましょう。
  • 周囲の車や歩行者、自転車の動きによく注意しましょう。また、駐車車両の側方を通過するときは、「飛び出しがあるかもしれない」と考えましょう。
【ご参考】弊社のご支援メニュー
◆自動車事故防止
1.安全運転セミナー(基本的な運転動作) 2.ペーパー式適性検査(KM式・DOCCS) 3.PCによる社員
  安全運転教育(eラーニング)・適性診断(e-診断) 4.自動車事故防止のビデオ・DVDの視聴
◆ニュース・チラシの提供
1.安全運転のポイント(毎月定例発行の具体的なニュース) 2.社内講習会用冊子(ザ・メッセージ等)

※各種支援メニューの詳細については、営業課支社・営業担当者までお問合わせください。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研