自動車RMニュース - バックナンバー

2011年 8月号 良く冷えたビールが美味しい?…未だに後を絶たない飲酒運転事故!
良く冷えたビールが美味しい?…未だに後を絶たない飲酒運転事故!

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

【ポイント】

 最近のニュース・新聞記事でも、数多くの飲酒運転事故が報道されています。取り締まる側の警察官による飲酒運転事故も、後を立ちません。「ほんのちょっとだから」「自分だけは大丈夫?」そんな甘い気持ちは、直ぐに捨て去ってください。飲酒運転は犯罪です!残念ですが、事例が多すぎて具体例として記載することができません。

image01

◆うっかりあるのが…
 前日の深酒が翌日に残り、二日酔いで酒気帯び・飲酒運転に…。睡眠も取ったので、自分では大丈夫と思い会社から車で得意先へ向かったところ、自転車との接触事故が発生。警察官から酒気帯び運転を指摘され、取調べを受けたところ本当に酒気帯び状態!

◆栄養ドリンク剤の摂取でもこんなことに…
 体調が優れず、元気を付けようと栄養ドリンク剤を2本!体はシャキッとしたような感じになったが、同時に体全体が熱くなってきた。多くのドリンク剤にアルコール成分が入ってます。

【アドバイス】

image02

どんな原因であれ、酒気帯び等の状態で事故を起こせば、本人だけでなく企業としての責任は重大です。日頃から従業員への具体的な指導、及び日々の上司との密なコミュニケーションは、飲酒防止に欠かせません。

◆企業として、基準アルコール量摂取でどれぐらいの残酒状態になるかを把握し、従業員へきちんとした指導・教育を行なうことが必要です。

◆また、アルコール耐性の無い方にとっての「栄養ドリンク剤」摂取のリスクを、しっかりと伝えることも大切です。
 ⇒絶対量は少ないが、多くのドリンク剤で1~5%のアルコール成分を含有。

image03
  各種支援メニューの詳細については、営業店・営業担当までお問合わせ下さい。

〔参考〕

◇飲酒運転による事故の大半は、酔いの自覚が少ない軽度の「酒気帯び運転」、いわゆる“ほろ酔い”です。(下記状態には個人差があります。)

image04

◇アルコールの1単位=純アルコール約20gを含む酒量

image05 image06

※体内でのアルコールの処理にかかる時間は体重1kgにつき、1時間で0.1gという速度です。たとえば体重60kgの人が1単位処理するには3~4時間かかります。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研