ビジネスNews

自動車RMニュース

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

走行中に車間距離を詰められて怖い思いをしたり、追越しをされたり割り込みをされてカッとしたことはありませんか。実際、渋滞などでイライラしているドライバーの前に何気なく割り込んだだけで交通トラブルに発展することもあります。
そこで今回は、無用な路上トラブルの引き金となりかねない運転を紹介してみましょう。

こんな運転が交通トラブルを招く

  • 信号が青に変わったにもかかわらず、脇見などをしていて発進に手間どると、“なにをモタモタしているんだ”と後続のドライバーをイライラさせてしまうことがあります。それとは逆に発進に手間どっている前車に対して必要以上にクラクションを鳴らすと、前車のドライバーの感情を損なうことがあります。
  • 前車に追従していれば楽に運転ができると思い距離を詰めて走行すると、“あおってきた”と思われることがあります。
  • ゆっくり走っているわけでもない車を強引に追い越したり、わずかな切れ目を狙って強引に割り込みをすると、相手のドライバーに敵対感情を抱かせてしまうことがあります。
  • ヘッドライトを上向きにしたままで対向車とすれ違ったり、前車に追従したりすると、相手のドライバーは眩しくて運転しにくくなり、感情を損なうだけでなく危険な状態を引き起こさせます。

あいおいニッセイ同和損保からのアドバイス

  • 信号待ちでの停止時は不用意な脇見などはせず信号を注視して、スムーズな発進を心がけましょう。また、前車が発進に手間どっているからといってクラクションを多用するのはやめましょう。
  • 車間距離を詰めた走行は追突の危険があるだけでなく、前車のドライバーに恐怖感を与えてしまいます。前車との車間距離は十分に取りましょう。
  • 追越しは危険を伴う行為です。前車の速度が異常に遅いなどの特別な事情がないかぎり避けましょう。
  • ヘッドライトは上向きが原則ですが、前車に追従するときや対向車とすれ違うときは下向きにする必要があります。こまめな切り替えを心がけましょう。
【ご参考】弊社のご支援メニュー
◆自動車事故防止
1.安全運転セミナー(基本的な運転動作) 2.ペーパー式適性検査(KM式・DOCCS・安全セルフ診断) 3.PCによる社員安全運転教育(e-ラーニング)・適性診断(e-診断) 4.自動車事故防止のビデオ・DVDの視聴 5.タブレット端末を活用した危険予測訓練ツール(セーフティトレーナー)
◆ニュース・チラシの提供
1.安全運転のポイント(毎月定例発行の具体的なニュース)2.社内講習会用冊子(ザ・メッセージ等)

※各種支援メニューの詳細については、お近くの弊社代理店・扱者、または営業店までお問い合わせください。

※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)


【最近5件のニュース】

≫ さらに過去のニュースを見る

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研