退職金制度のご紹介

退職金制度診断

退職金制度の無料診断の概要

退職金制度の無料診断サービスでは、経験豊富な弊社の専門スタッフがお伺いして、30分ほどで診断を承っております。ご希望により、現行の退職金規程などから、現状分析や制度見直しの方法など、詳細なコンサルティング資料の作成も致します。
すでに3300社以上にご利用いただき、ご好評を得ております。

退職金制度の課題とは?

「退職金制度コンサルティング」資料作成の必要書類
▲コンサルティングの必要書類とサンプルはこちら
(クリックするとPDFが閲覧できます)

退職金制度は、会社ごとに様々な課題があります。

  • 企業年金の積立不足が深刻化している
  • 確定給付企業年金を導入したが、掛金が増えるので困っている
  • 退職金制度はないが、今後何か制度を検討したい
  • 掛金が全額損金処理できる制度はないかどうか
  • かなり前に作った制度(規程)なので、見直ししたい

いざ、見直しをしようとしても、自社で検討するにはあまりにも情報が不足していたり、なかには、窓口の金融機関が親身に相談に乗ってくれないケースもあります。

制度見直しの手順について

制度移行の手順
▲見直し手順の詳細はこちら
(クリックするとPDFが閲覧できます)

参考までに、退職金制度見直しの手順を簡単にご紹介いたします。

ステップ1
現状分析を行い、制度の問題点・課題を洗い出します。
ステップ2
その課題を解決するための見直しの方向性を検討します。
ステップ3
見直しの方向性に沿って、給付水準や採用する制度の掛金設計を行います。
ステップ4
新制度が決まれば、制度移行の具体手続きを行います。

このように、大きく4つのステップがあり、それぞれで検討及び意思決定を積み重ねていきます。
また、退職金制度は人事制度のみならず、資金準備の観点からは財務政策でもあるため、スムーズに見直しを行うためには、迅速な検討を行える部門横断的な社内体制の構築が必要となります。
加えて、労働条件の変更の観点からは、円滑な労使合意も必要となります。

これら全てを自社内のみで完結することは難しいため、社外機関等とも連携を取りながら進めていくことが、重要なポイントと言えます。

退職金制度の無料診断サービスはこちらの窓口よりお申し込みください!
お問合せ窓口

お問い合わせください

このページは概要を説明したものです。
詳しい内容についてはお近くの弊社代理店・扱者、または営業店までお気軽にお問い合わせください。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研