退職金制度のご紹介

確定拠出年金(日本版401k)

確定拠出年金(日本版401k)の概要

401kというと何か難しそうなイメージがありますが、制度を採用している企業の6割近くが100名未満の中小企業です!一方、新しい制度で、情報が不足しているためか、まだまだ誤解されている点も多いようです。
疑問を解決して、よりよい退職金制度の構築に、401kを活用しませんか?貴社に最適な制度は何か、あいおいニッセイ同和損保は、経営者の皆様とともに考えてまいります。

401kとは、2001年にできたまったく新しい年金制度です。

401kの最大の特徴は、会社が出した掛金を従業員が運用しますので、「確定給付型」といわれる従来の年金制度と異なり、積立不足が発生しないことです。運用実績により掛金が影響を受けないため、会社にとって、追加負担が不要という大きなメリットがあります。
また、退職一時金として積み立てた資産や確定給付企業年金の年金資産を非課税で移換できるため、有力な制度移行先として採用がすすんでいます。

  • 401kに限らず、退職金制度そのものを見直したい
  • 401kについて、もっと詳しく知りたい
  • 401kを導入した場合の掛金などの試算をしてもらいたい
  • 確定給付企業年金を実施しているが、401kへの制度変更検討したい

退職金制度全般のご相談は「退職金制度の無料診断サービス」をご利用ください!

401kは、正式には確定拠出年金といい、企業年金制度のひとつです。
参考にしているアメリカの税法である『内国歳入法』の401条(k)項に規程されていることから、日本版401kまたは401kと呼ばれています。
また、「確定拠出」の英訳であるDefined Contributionの略称でDCと呼ばれることもあります。

401kの仕組み

「退職金制度コンサルティング」資料作成の必要書類
▲クリックするとPDFが閲覧できます
  • 会社が掛金を出します(従来の年金制度と同じです)
  • 従業員自らが、あらかじめ用意された複数の運用商品を選択して、掛金を運用します
  • 運用商品には投資信託の他、元本割れしない元本確保型の商品もあります
  • 原則60歳以降に、年金または一時金で受け取ります
  • 運用実績により受取額が個人ごとに異なります(401kの概略図とメリット等については右図をクリック)

イメージにとらわれずに、制度内容を十分にご理解の上、導入をご検討いただくことが重要です。
貴社に最適な制度は何か、あいおいニッセイ同和損保は、経営者の皆様とともに考えてまいります。

退職金制度の無料診断サービスはこちらの窓口よりお申し込みください!
お問合せ窓口

お問い合わせください

このページは概要を説明したものです。
詳しい内容についてはお近くの弊社代理店・扱者、または営業店までお気軽にお問い合わせください。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研