BCPのお役立ち

雷害リスクソリューション

雷害リスクソリューションの概要

近年、地球温暖化の問題がよく話題になっています。地球温暖化の影響の一つとして異常気象があげられます。例えばゲリラ豪雨と称される集中豪雨により、予期せぬ地域や時期においても雷雨が多発しています。
企業においては、コンピュータや通信機器など電気的に雷の影響を受け易い電子機器が普及した結果、落雷による被害は甚大な影響を与える可能性があり、事業利益の減少や場合によっては事業継続が困難となる可能性も潜んでおります。

事業に影響を与える雷の被害

雷の被害は、人的被害、建物や設備などの損壊以外に以下のようなものが挙げられます

落雷イメージ
  • 受発注などを管理している社内システムのダウンによる事業中断
  • サーバの被害による、重要データの破壊・消失による事業中断
  • 社内ネットワークの不通による業務への支障
  • スーパー等販売店におけるPOSシステムの故障による販売への支障
  • 工場の生産ラインの設備停止による生産活動中断
  • 鉄道等交通機関の信号の故障による交通機関不通
  • 電力会社の送電設備等の故障による停電
  • 水道事業者のポンプ等の故障による断水

雷の被害は直接的な損壊に加え、上記のように事業の中断に繋がることがあります。事業の中断は、事業利益の減少のほか、ビジネスチャンスの喪失、取引先の信用喪失などさまざまなリスクにつながります。
当社では「企業における雷害リスクの概要」や「雷害対策のポイント」を解説する資料をご提供しています。

雷害リスクソリューションの内容

当社では雷害リスクを診断し、BCP策定を支援するサービス「雷害リスクソリューション」をご提供します。

サービスの概要
診断レベル 診断項目 診断費用
レベル1
(書面調査)
診断シートにより、環境面・ハード面・業務運営面など約50の項目から雷害リスクを診断し、雷害に対応した事業継続の取組への提言レポートを作成します。 無償
レベル2
(現地調査)
レベル1の次段階として、または最初からハイレベルな調査を希望される場合、専門機関が現地調査を実施し、施設や設備の具体的な雷害対策をご提案します。 個別にお見積り

その他の支援策

あいおいニッセイ同和損保では雷害リスクソリューションに加え、各種診断・支援策をご用意しています

(1)防災診断コンサルティング(別途有償)
火災・爆発リスクを中心に貴事業場のリスクを診断し、リスク低減のアドバイスをします。
(2)災害時危機管理態勢診断(別途有償)
災害時の緊急対応に関して、企業の危機管理態勢の現状を診断し、アドバイスをします。
(3)企業向け地震対策・BCP策定支援サービス(別途有償)
①地震リスク対策講習、②地震リスク診断、③耐震診断、④地震補強対策、⑤BCP策定
(4)環境リスク診断サービス(新会計基準対応)(別途有償)
企業の環境リスクおよび順法性を診断し、会計基準への対応を支援します。
(5)サーモグラフィー診断(別途有償)
赤外線カメラにより電気設備機器等の異常発熱部位を検知し、ご報告します。
お問い合わせください

このページは概要を説明したものです。
詳しい内容についてはお近くの弊社代理店・扱者、または営業店までお気軽にお問い合わせください。

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研