ecoフレンズニュース - バックナンバー

2017年4月号  電力自由化のメリット・デメリットについて

電力自由化のメリットデメリットについて

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

私たちが快適に暮らすために必要な電気。毎日なにげなく使っている電気ですが、2016年4月から電力小売り全面自由化(以下、「電力自由化」)が始まり従来の地域ごとの電力会社だけでなく、新たに電力事業へ参入したさまざまな会社から電気を購入することができるようになりました。

電力自由化のメリット

 

早々に電気会社や料金プランを変更した方もいれば、プランの多さに困惑して検討中のままになっている方、手続きが面倒なのではないかと躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電力自由化によって、ガスや石油などのエネルギー関連会社、通信会社、鉄道会社、旅行会社、小売業など、さまざまな会社が電力事業へ新規参入したことで価格競争が起こり、従来にない料金プランやサービスが登場し、私たち消費者の選択肢が広がりました。電力自由化の最大のメリットは、従来にない料金プランが登場し、ライフスタイルに合わせた電気料金プランを選べるようになったことです。電気とガス、電気と携帯電話などを組み合わせて契約することで割引が適用されるプランや、環境に配慮した電気を買えるプラン、夜間の電気使用料が安くなるプラン一定使用量まで定額のプランなど、その内容は実にさまざまです。

ライフスタイルに合わせたプランを選ぼう

 

選択肢が広がったことはメリットと言えますが、一方で、「選択肢が多すぎてどの電力会社のどの料金プランを選べばよいのか分からない」、「変更したことで電気料金が高くなってしまった」といったデメリットもあります。
例えば、夜間の電気使用量があまり多くないご家庭が、夜間の電気料金が割安になるプランに加入しても、あまりメリットを感じられないでしょうし、基本料金や昼間の使用利用が割高になっているケースもあります。また、電気の使用量がそれほど多くないご家庭が、電気の使用量が多い方向けの定額プランに加入するなど、ライフスタイルに合っていない電気料金プランを契約するとかえって電気料金が高くなることもあります。
 電気の使用量は、世帯構成やライフスタイル、季節によって変動します。まずは、1年間のご家庭内の電気の使用量を見直すところから始めてみてはいかがでしょうか。現状を見つめることで、思わぬ電気の無駄使いに気づくかもしれません。すすめられるがままに電気会社や料金プランを変更するのではなく、ご自身のライフスタイルに合わせたプランやサービス内容を比較して選ぶようにしましょう。

※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。
TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • 保育・こどもねっと
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研