環境関連

ecoフレンズニュース

ペットボトルをリサイクルすると何になる?

オリジナルファイルのダウンロード(PDF)

日々の暮らしの中であらゆるところで目にするペットボトルは、リサイクルが可能な資源ごみのひとつです。回収されたペットボトルがどのような製品に生まれ変わって再利用されているのかご存知でしょうか?
今回はペットボトルのリサイクルについてお伝えします。

ペットボトルの由来 

ペットボトルはポリエチレンテレフタレートという樹脂からつくられています。
英語で「POLY ETHYLENE TEREPHTHALATE」と書くため、頭文字をとってPETボトル(ペットボトル)と呼ばれています。ポリエチレンテレフタレートは、石油からつくられるテレフタル酸とエチレングリコールを原料にして化学反応させてつくられる樹脂のひとつです。この樹脂を溶かして糸状にしたものが繊維になり、膨ませたものがペットボトルになります。軽量で耐久性に優れており、用途に合わせてさまざまな形に加工することができるため、ミネラルウォーターや炭酸飲料などの清涼飲料水、酒類、酢、醤油などの液体容器として用いられています。

どんな製品にリサイクルされているのか? 

回収されたペットボトルは、再生処理業者によってさまざまな製品にリサイクルされて活用されています。ペットボトルのリサイクル方法には、分別回収したペットボトルを細かく砕いてフレークにし、さらに加熱溶解して粒状にしたものを原料として他の製品に再利用する「マテリアルリサイクル」と、再生フレークから再びペットボトルをつくる「ボトルtoボトル」があります。マテリアルリサイクルでは、食品用トレイ、化粧品容器、車のシート、シャツ、スーツ、ネクタイ、粘着布テープ、ラベル素材、ボタン、鞄、文房具など、さまざまな製品がつくられています。

地域の分別・排出ルールを守って分別を! 

リサイクルするためにはきちんと分別して資源ごみに出す必要があります。ペットボトル本体、キャップ、ラベルはそれぞれ使われているプラスチックの種類が異なります。ペットボトル本体にはPETボトルの識別マーク、キャップとラベルにはプラスチックの識別マークがついていますので、マークをよく見て分別してください。排出する際は、キャップとラベルを外し、中をすすいで横方向につぶしてから、地域で決められた収集日に出しましょう。ペットボトルはスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどに設置されている回収ボックスでも回収を行っています。地域の分別・排出ルールを遵守してリサイクルに役立てましょう。

資料作成:株式会社DREAMJOB       ※本ニュースを無断で複製または転載することを禁じます。


【最近5件のニュース】

≫ さらに過去のニュースを見る

TOPページへ戻る

おすすめコンテンツ

  • 地域AD倶楽部
  • ベルマーク運動
  • 運送ラボ
  • 建設ラボ
  • フード&アグリラボ
  • ケア・フレンズ
  • ベストケアサポーターのご紹介
  • eco now
  • インターリスク総研